不動産会社に相談して住宅を購入しましょう

PICK UP

家に求めるもの

新築一戸建てに憧れを抱く方はたくさんいますが、「家に求めるもの」は人によってさまざまです。人によっては耐用年数を重要視する方もいれば、快適さを重要視する方もたくさんいます。

理想通りの家を

せっかくマイホームを手に入れるなら、「理想通りの家を手に入れたい」と考える方はたくさんいます。そんな方にオススメな建設会社として、「四季工房」があげられるのです。

不動産投資

「不労所得でお金を稼ぎたい」と考える方は、たくさんいます。そんな方にオススメな不労所得の方法として、賃貸マンションなどを取り扱う「不動産投資」があげられるのです。

和室か洋室か

自分が暮らすための賃貸物件の選び方として、「和室にするか、洋室にするか・・・」があげられます。畳の有無によって、暮らし方や退去時のトラブルなどには違いが見られます。

新築一戸建て

新築一戸建て特有の費用としての表題登記

新築一戸建てを購入する際には、本体価格の他にどのようなお金がかかるのでしょうか。ここではいわゆる新築一戸建ての諸費用に焦点をあて、その中身を探ってみることにします。まず、登記費用があります。この登記は自分の取得した土地、もしくは家屋を第三者に対抗する為の手段として当たり前の作業となっています。この登記にかかる費用がまず考えられます。そしてこの登記にも主に、表題登記と所有権移転登記に分かれます。ここで、前述した表題登記が新築一戸建て特有の登記ということが出来ます。この表題登記とは簡単に言うと建物の出生届のようなものです。つまりこのような大きさの建物が世の中に誕生しましたということを国に届けでる作業なのです。

諸費用の中でも大きい仲介手数料

前述の表題登記に関しましては、建物の面積を正確に届けるという必要がある特性上、土地家屋調査士という資格者がメインで執り行います。相場は約10万円前後が多いです。これに対して所有権移転登記につきましては、そのスペシャリストである司法書士がメインで執り行います。さらに新築一戸建てを購入するにあたってローンを組む方であれば抵当権設定登記も司法書士の方で執り行います。そのほかの費用としては、不動産仲介会社に支払う仲介手数料が大きな費用としてかかります。400万円を超える物件であれば、本体価格×3%+6万円に消費税を加えた仲介手数料を上限として不動産仲介会社に支払います。例えば3,000万円の物件であれば税込103万6800円(税込)を上限として不動産仲介会社に支払いをするのです。